カラーリングのクリームタイプは難しい

カラーリングのクリームタイプは難しい

以前、匂いがつんとしないビゲン香りのヘアカラークリームを購入して自宅でカラーリングをしてみました。仕上がりは匂いは大丈夫でしたが、しっかりと毛染めができていなかったです。

 

所々ムラができてしまいました。生え際はしっかりと染まっておらず、やりなおししました。

 

クリームは2種類混ぜて、専用のコームでのばしていきます。元々髪の毛が多く、クリームがまんべんなくつけられなかったのが悪かったのかもしれません。

 

実際、とても塗りづらかったです。

 

 

放置時間は指定されている時間より、かなり多めに放置しました。

 

説明通りにしましたが上手くいきませんでした。

 

私のやり方が悪かったのかもしれませんが、クリームタイプは私には難しかったです。時間がかかり、お金は2倍かかってしまい散々でした。

 

今現在は泡タイプのヘアカラーを使っています。

 

泡タイプは2種類の液体を混ぜて、手袋をした手で泡をとって髪につけていきます。

 

泡を全体の髪につけたら、ムラができないように目の粗いコームを使って髪になじませます。

 

放置時間は髪が多いので長めに。やってみるととても簡単で仕上がりもなかなかいいです。

 

コストはそんなにかからないので1、2ヶ月に1回くらいのペースでしています。

 

また、美容院で髪をカットした時に一緒にカラーリングする場合があります。プロにしてもらえば染め上がりはとても綺麗です。

 

自分のご褒美としてたまに美容院でカラーリングしてもらっています。

 

今後クリームタイプのカラーリングをすることはないと思います。

 

白髪染めカラートリートメント

白髪染めカラートリートメント。髪が傷んでいるアラフォーがリピートしているのはどれ?→